読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音とか、画とか、、的な。

音楽の事とかいろいろ。。

アコギ弾き語り系女子

ここ数年音楽シーンに登場しているとあるジャンル。

古くは中島みゆき、森山良子、イルカ等、レジェンドクラスの方々が居ますが、『アコギ弾き語り系女子』と言うジャンルです。ギタ女ともいうみたいですね。

 

最近、非常に多くのアーティストの方がシーンをにぎわせています。

その中で個人的におすすめな『アコギ弾き語り系女子』を紹介していきます。

シンガーソングライターと言ってもいいでしょう

 

まずは 『吉澤嘉代子

先日、セカンドアルバムを出したのかな。凄く良いらしいので早く聴きたい。

この人はこれからもっと売れていったら良いなぁと願うばかり。

レトロな雰囲気とそれに伴う歌声。個性的なファルセットが魅力です

着眼点が面白いなぁと思います。「ケケケ」と言う曲は衝撃でした。名曲です。

歌詞も耳に残る歌詞が多くハッとさせられる瞬間が多々あります。情景が浮かびやすい言葉の選択も凄いなと思います。


吉澤嘉代子 / "未成年の主張" - SLEEPERS FILM

 

 

そして

大森靖子

人気の弾き語り系女子と言えば大原櫻子山崎あおい、新山香織、藤原さくら などのアーティストが居ますが、凄くアバウトに例えば彼女達は恋愛漫画や少女漫画を楽曲にしたような感じ。これはこれで凄く良いと思います。皆尊敬すべき素敵なアーティストです。

彼女たちの存在を音楽理論で言うメジャーキーだとしましょう。明るく世間一般が受け入れやすいキャラクター。世間へのストライクゾーンが広い。

そして大森靖子はマイナーキーです。曲は週刊誌、マイナーな邦画、ドロドロの昼ドラを観ているような感じがします。正直、悪い意味で言えばアクが強い。しかし僕は前者のアーティストよりも心を打たれたと言う意味では圧倒的に大森靖子の方が何倍も打たれました。

奇抜なパフォーマンス等も取り上げられますが、純粋に音楽に対するエネルギー量が強い。観ていて聴いていてワクワクゾクゾクします。楽曲はキラキラした打ち込みのシンセポップ系の曲も多いですが、ライブの弾き語り(独唱スタイルも多いですが)は惹きこまれます。そしてとにかく歌詞が凄い。歌詞については細かく言わず、とにかく凄い。と言いたいです(笑 アルバム出すスパンが早い気がする。それだけ作曲意欲に溢れてると言う事かな。

動画は、大森靖子を中心に結成されたバンドのライブ映像です。大森靖子名義の楽曲もバンド形式になり、これはこれでめちゃくちゃカッコいいです。この曲は特に2回目のサビ終わりからの流れには痺れました。原曲とは違うアレンジで無茶苦茶良い。って話がまたズレそうに。。

凄く良いバンドでしたが、残念ながら解散してしまいました。 


大森靖子&THEピンクトカレフ「Over The Party」2014年1月1日

 

締めの一曲

大森靖子/呪いは水色