読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音とか、画とか、、的な。

音楽の事とかいろいろ。。

SMAPの隠れた名曲・・的な

・・・はいタイトル通りです。SMAPは人生で初めてライブを見たアーティストだったと記憶しています。小学校低学年だったかな。子供ながらにドキドキした事を覚えています。 解散が本当なら寂しいです。 おもろカッコイイ兄ちゃん軍団みたいな感じなイメージだったので。

 

今回は、SMAPどうこうの語るのではなく、SMAPを音楽的な観点からみた記事を書こうと思います。

世間一般に知られているような有名な曲は避けて、もう一歩踏み込んで世間からは隠れた曲たちを紹介したいと思います。

 

SMAPのリリースした曲数は700曲を超えていると言われています。

オリジナルアルバムは現在21枚です

その中でもオススメなアルバムは以下の通り。

7枚目Gold Singer

8枚目TACOMAX

11枚目ス

15枚目Drink! Smap!

16枚目MIJ

20枚目GIFT of SMAP

まず、7枚目8枚目のアルバムですが、とにかく参加ミュージシャンが凄いです。

海外の超一流プレイヤーが参加し、先行して発売したシングル曲を筆頭にバッキバキにアレンジしまくってます。サックスソロが入ったり、ドラムソロが入ったり。

正直オケが歌を食ってます。当時、『ジャニーズなんて ( ´,_ゝ`)』って思っていた音楽マニアの間でも話題になったみたいです。

 

そして11枚目の『ス』あたりからSMAPは所謂、作曲家の楽曲提供に加え、現役ミュージシャン、バンドマンに楽曲提供をしてもらうようになります。『ス』ではセロリの山崎まさよしを筆頭にスガシカオ忌野清志郎フィッシュマンズ佐藤伸治等が楽曲提供しています。

提供アーティストの人選が、良い所をついてくるなぁと言うか、コンペ形式なのかな?とにかくSMAPの音楽担当スタッフの方々が非常に素敵な選択を毎回なさっています。。!

 

特にGIFT of SMAPでは菅野よう子ヒャダイン等有名プロデューサー

ELTやジャニーズに数多く楽曲提供しているHIKARI、スターダストの若手グループを聴いてるとよく名前を見る浅利進吾など。プロデューサー陣も豪華。

対して、椎名林檎THE BAWDIESナオト・インティライミMONKEY MAJIKなど現役アーティスト陣も負けてません。特に林檎さんの真夏の脱獄者はSMAP?ジャニーズ?何て思ってる人も納得する出来栄えです。オケが素敵すぎます。服部 隆之凄いっす。THE BAWDIESの提供した曲の作詞は志磨遼平というこのコラボも中々やばいです(´▽`)

 

今でこそ当たり前となっている現役ミュージシャンからアイドルグループへの楽曲提供。ここら辺が始まりなのかもしれません。

 

6枚目あたりから基本的にアルバムの1曲目にはインスト曲が入っています。

そのアルバムに合わせて様々なテイストの曲があり良い曲が多いです。

中でもDrink! Smap!のインスト、SAMPLE BANG! のインストが好きですね(´▽`)

 

 

正直、SMAPは抜群に歌唱力がある訳では無いと思います。でも、別にだからと言って聴き嫌いするのは勿体ない。そう思える作品ばかりです。凄い歌唱力を味わいたいならセリーヌ・ディオンホイットニー・ヒューストンを聴けばオールクリアです。

 

個人的には星野源や水カンのケンモチ、清竜人、蓮沼執太らへんが楽曲提供して、バックバンドはハマ・オカモトとピエールのリズム隊みたいな事してくれたらなぁと楽しく淡い妄想をしてたので、SMAPの音楽作品が今後出ないと言う流れは寂しいですね。

最後に、オススメな曲を書きつつお別れです。お読み頂きありがとうございました。

 

・SHAKE (BOOM BOOM SATELLITES REMIX)SAMPLE BANG! 収録

 あの名曲をBOOM BOOM SATELLITESが演奏したら! カッコ良い。。

 

・A Song For Your Love MIJ収録

 全体的に心地よい素敵なメロディラインです。サビよりもAメロからBメロに転換する部分が凄く好き。

 

 ・sunrise, sunshine MIJ収録

 freebirdの従妹的楽曲と考えています(笑)作曲したのも同じシライシ紗トリさんだし。  爽やかなラップミュージック。

 

・gift GIFT of SMAP 収録

 サビのバックコーラスとの兼ね合いがキモ。何となくビートルズのHELPを思いだします。

 

・ずっとずっと Drink! Smap!収録

 ケツメイシのRyoji作詞作曲のキムタクソロ曲。まるでジャックジョンソンのような爽やかアコースティックな1曲。どこかヒップホップ的なノリも混ざってて聴きやすい。

ってこの曲ハネてらぁ

 

・しようよ (Let's do it)  007〜Gold Singer〜収録

シングルverでは無く先述の通り、 海外の超一流プレイヤーが演奏したアルバムverです。 シングルではギターソロだった所がボブ・バーグによるテナーサックスソロになっておりこのソロがまさにプロの仕事と言うか、このソロだけで曲の位が何倍も上がっている感じがします。 

ザックリ言うと恋人とのマンネリ化した関係を心配した彼氏が 「どうしよう~どう話したら良いコミュニケーション取れるかな~」「正直たまにめんどくせー時もあって、適当に誤魔化したりした」「けどそれはやっぱダメで改めて初心に戻って向き合いたい。そっちはどう思ってるかな?」みたいな歌なんですが、面白いのは大サビ終わりにもう一度Aメロが入っている所です。Aメロを最後に持ってくる事でこの話の続きはどうなったんだろう?と続きが気になるような曲構成になってると思います。

 

まだ良い曲は沢山ありますが、また後日!

 

締めの一曲

Michael Jackson/Black Or White