音とか、画とか、、的な。

音楽の事とかいろいろ。。

Can't Take My Eyes Off Youの秀逸なカバー集

全世界で有名なCan't Take My Eyes Off Youと言う曲。

誰しもが1度は耳にした事があると思います。

そして、沢山のアーティストがカバーしている事でも有名です。

 

今回も独断と偏見でオススメなCan't Take My Eyes Off Youのカバー曲をご紹介します。

 

まず、Can't Take My Eyes Off Youの本家と言えば、82年にBoys Town Gangが出したこちら↓を思い浮かべる方が多いと思いますが、実はこれもカバーです


(良くも悪くもこの80年代の雰囲気最高ですね)

原曲をディスコサウンドにアレンジしてリリースしたこのカバーは日本でも大ヒット。

正直、原曲よりもこちらの方が有名です。

 

 

正真正銘の元祖はThe Four Seasonsのフランキー・ヴァリが1967年にリリースしたこちら↓

何という多幸感・・!

 

1967年は、ドアーズのハートに火をつけて、モンキーズのデイドリーム、ビートルズの愛こそはすべて等、歴史的名曲が生まれた当たり年ですね。

 

前置きが長くなりましたが、いきます!

 


イギリス出身の3ピースバンド MUSE。

個人的に現在活動している3ピースバンドの中ではトップだと思います。バンドのバランスが滅茶苦茶良い。

この曲、サビ前の有名なフレーズをどう表現するか聴き比べるのが面白いんですが

MUSEの表現が一番カッコイイかも。MUSEはノイズの出し方が本当に凄く良いです。

 

 

 

タイトルからして林檎さんらしいですね。リバーブ?かかったボーカルが素敵です。

フェードアウトで曲が終わるのも良いですね。やっぱこの頃が全盛期だなぁ。

 

 


倍テンのパンクロックに華麗にアレンジ。さすが健さん。しっかりコーラス入っているのもポイント。

 

 


健さんのは夏!って感じの雰囲気が出ていましたが、Tommy February6がカバーしたこちらは完全に冬をイメージしていしまいます。歌声と相まって幻想的な仕上がりです。

 

 


R&Bのレジェンド、ローリン・ヒルのお洒落なカバー。完全に自分の曲にしてますね。他のアーティストと違って、サビ前のフレーズが無いのが他の特徴的です。

 

 


何という渋谷系感!!何を隠そうアレンジは小西康陽さんとの事。納得。

 

 

 締めの一曲 The Four Seasons/Sherry